2019-02-10

天竜二俣駅転車台見学@天竜浜名湖鉄道

浜名湖の北側を通りJR東海道本線の新所原と掛川を結ぶ、天竜浜名湖鉄道。別名、天浜線。

天浜線のほぼ中間。車庫や天浜線の本社がある、天竜二俣駅。

スポンサーリンク

洗って!回って!列車でGO!

今回参加したのは、列車に乗って洗車機体験、転車台で回転体験、転車台を外から見学し、最後に鉄道歴史館を見学する、土日祝日限定のツアー。その名も「洗って!回って!列車でGO!」

スポンサーリンク

受付を済ませ、参加の記念証と名札を受け取り。

専用列車に乗って洗車機体験と転車台体験

天竜二俣止で車庫へ引き上げる列車が、この見学ツアーの列車。

種別が「団体」に変わったら、列車に乗り込んで出発。

営業車としては通らない引上げ線。ガタゴトと、ポイントを渡ります。

いよいよ洗車機へ。皆さん先頭で注目。

運転士が窓を開けて、スイッチを押すと…

動きだしたブラシ。

ゴゴゴゴゴゴ!

勢いよく回るブラシの間を、列車が通過します。

洗車機を通ったら、そのまま転車台へ。

転車台をぐるっと一回転。

転車台を離れ、乗降台がある留置線に入り、ここで乗車体験は終了。

スポンサーリンク

歴史ある扇形車庫と転車台を間近で見学

今度は地上から転車台が回る様子を見学します。

列車が再び転車台へ。

かつては蒸気機関車を進行方向に向けるために使用されていた転車台。現在は、車庫からディーゼルカーを入出庫する際に使用。

列車を乗せてぐるりと一周。

扇形車庫は国鉄二俣線時代、蒸気機関車が走っていた時代から現役。

全国的にみても貴重な鉄道の歴史遺産。

スポンサーリンク

最後は、車庫に併設された鉄道歴史館を見学。

国鉄二俣線時代に使われていた貴重な道具等を展示。

歴史ある建物や設備を今でも現役で使用

まるでタイムスリップしたかのよう。

『歴史ある建物や設備を今でも現役で使っている事に誇りをもっている』。案内して下さった方の言葉がグッと心に響きました。

沿線には、こんな絶景も。

天浜線の旅へ、あなたも出かけてみては。

天竜浜名湖鉄道

https://www.tenhama.co.jp

この記事をシェアする!
マサズライフをフォローする!
follow




タグ:
関連記事