2019-03-27

富山「氷見 魚市場食堂」漁港直結の食堂で天然ぶり丼

観光列車「べるもんた」の終点「氷見駅」から徒歩20分。

富山湾随一の水揚げ量を誇る氷見漁港。

氷見魚市場2階にあるのが「氷見魚市場食堂」。

スポンサーリンク

せり場の2階にある食堂。ここで、朝6時頃から始まる「せり」の見学も可能。

目の前のせりで仕入れた新鮮な魚が味わえる、漁港直結の食堂。

広々とした店内。

季節は冬。『富山湾の王者』とも言われる冬のごちそう「寒ブリ」を存分に味わおうと、オーダーしたのは「天然ぶり丼」。

どこから見てもブリ。ブリ。ブリ。脂ののった美しいブリの身がぎっしり。絶品!

「氷見浜丼」は氷見魚市場食堂の名物。量は富山の方言で『ちょっこし』『やわやわ』『はんさ』の3種類。

どの刺身も期待を裏切らない、新鮮なものばかり。

丼につく「漁師汁」は、なんと土鍋で登場。魚のアラがたっぷり入っていて、いい出汁の味わい。つみれも美味!

スポンサーリンク

氷見 魚市場食堂

富山県氷見市比美町435

この記事をシェアする!
マサズライフをフォローする!
follow




関連記事