家計簿はExcel(エクセル)で自作がおすすめです【テンプレートあり】

excel_logo

こんにちは、masa(@masas_life)です。

先日の記事でFIREまでの年数と貯蓄率の関係を紹介しました。

貯蓄率を把握するためには、家計簿で家計の収支を記録する必要があります。

家計簿はアプリを使っている方が多いと思いますが、私は自作の Excel家計簿をオススメしています。

今回の記事で、私がExcel家計簿をおすすめする理由の説明と、実際に自作して活用している家計簿の紹介をしていきたいと思います。

目次

家計簿はExcel(エクセル)で自作がおすすめ

Excel(エクセル)家計簿のメリット

私の考えるExcel家計簿のメリットは以下の通りです。

メリット
 ✓ 無料で使える
 ✓ カスタマイズが自由
 ✓ セキュリティリスクが小さい
 ✓ サービス終了のリスクがない

以下、それぞれ簡単に説明していきます。

無料で使える

当たり前ですが、Excel家計簿は自分で作成してメンテナンスするので料金がかかりません。

近年はマネーフォワードを始めとする家計簿アプリをプレミアム会員として活用される方も多いように見えますが、仮に毎月500円を払うだけでも年間で6,000円になります。

家計簿をつける先には支出の最適化が目的としてあるはずです。日常的に長く使うものなので、固定費が掛からない点はExcel家計簿の大きなメリットだと考えています。

カスタマイズが自由

既成のアプリだと、どうしても細かい点で融通が利かず、固定された枠にはまらざるを得ません。

Excel家計簿であれば、カテゴライズや集計方法、資料の構成、グラフ、何でも思いのままにカスタマイズできるので自由度が高いです。

私の場合、例えば家族分の収支もまとめて記録したり、家計と副業の収支を分けたりなど、実際に家計簿をつけ始めると細かい拘りやニーズが生じました。既存の家計簿ではこうした点に対応できませんが、今は自作のExcel家計簿で実現しています。

セキュリティリスクが小さい

口座の情報と紐づけて自動で家計簿を集計するサービスがありますが、どれだけ最新の注意を払おうと情報漏洩のセキュリティリスクは付きまといます。

Excel家計簿は自分で入力する手間が生じますが、上記の個人情報が洩れる懸念からは開放されます。(APIで連動するような仕組みも作れるかと思いますが、ここではオンライン接続はせずローカルで記録する前提としています)

サービス終了のリスクがない

アプリやWebサービスは、その会社が倒産したりサービスを終了すると利用できなくなってしまいます。

csvなどでデータのバックアップは取れるかもしれませんが、従来同等の機能は利用できなくなりますので、企業に依存しない独自の管理簿を持つことが長い目で見ると有用だと考えています。

Excel(エクセル)家計簿のデメリット

ここまではメリットを述べてきましたが、当然デメリットもあります。

私の考える、Excel家計簿のデメリットとしては以下です。

デメリット
 ✓ 作成にExcelスキルが必要
 ✓ 作成が面倒
 ✓ 記録が面倒

作成にExcelスキルが必要

自作やカスタマイズをする場合、Excelのスキルが必要です。

私はシステムエンジニアで日常的にExcelを活用していますが、普段あまりExcelに馴染みが無い方にはハードルが高いものだと想像しています。

作成が面倒

単純に作成するのが面倒です。アプリであれば登録さえすれば後は即時に利用できますが、自作する場合は記録する以前に家計簿を作るところから始めることになるので、モチベーションがないとこの時点で挫折してしまう恐れもあります。

記録が面倒

クレジットや銀行口座の情報が自動で同期されないので、自分で手入力する必要があります。セキュリティ面とのトレードオフですが、面倒な作業であることには変わらずデメリットと言えるでしょう。

我が家の Excel(エクセル)  家計簿を公開

ここまで、Excel家計簿のメリットとデメリットを整理してきました。

デメリットはありつつも、Excel家計簿のメリットが圧倒的に大きいと考えている為、私はExcel家計簿を使用しています。

ここでは私の作成した家計簿をご紹介します。

我が家のExcel家計簿(特徴)
・関数のみで作成しておりメンテナンスし易い(VBAとマクロは未使用)
・夫、妻など利用者ごとの記録ができる
・機能と情報が必要最低限でシンプル

我が家の家計簿は「リスト」「集計」「各月の明細」シートの3部構成です。

以下の手順で記録を行っていきます。

1. カテゴリと利用者を記入

まず事前準備として、「リスト」シートに基本情報を記入します。

「家族」欄:家計を管理したい人の名前を記入します。(画像はテンプレですが、実際には私と妻の名前を入れています)

「収入」「支出_固定費」「支出_固定費」 欄:実際に管理したい収入、支出のカテゴリ(内訳)を記入します。

2. 入出金明細を貼り付け

各月の明細シートの「日付」「内容」「金額」欄に、クレジットカード会社や銀行から入出金明細のcsvをダウンロードして貼り付けます。

3. カテゴリと利用者を選択

2.で張り付けた明細について、「収支区分」「カテゴリ」「利用者」を選択していきます。選択肢は1.で事前準備したリストから選んでいきます。

以上で完了です。入力が終われば「集計」シートに自動で各カテゴリと利用者ごとに集計した結果が反映されます。

手順「1.」は最初に一度設定すればその後は基本的に変更しないので、毎月の月末に手順「2.」と「3.」を行って家計を管理しています。

我が家はクレジットカードと銀行口座が10以上あり、夫婦で凡そ1時間ほどの作業時間が掛かっていますが、支払方法を集約すればより短時間で終えられると思います。

Excel(エクセル)家計簿を販売します

僭越ながら、今回ご紹介したExcel家計簿を販売したいと思います。

元は自分用に作成したものなので無料で配布しようかとも思いましたが、サイドFIREに向けて副業に勤しむ身としては少しでもマネタイズの野心を持って強かに収益化を目指すべき、と考え販売の形態をとらせて頂きます。

前の項でExcel家計簿のデメリットを記載しましたが、このうち作成のハードルに関する1,2点目についてはテンプレートが用意されていれば解消できます。

3点目の記録についても、クレジットカードや銀行口座の明細をcsvで取得して張り付ければ、後はカテゴリと利用者を選択するだけなので、最大限まで省力化を図っているつもりです。

またマクロやVBA、ピポットテーブル等も利用しておらず、関数のみでシンプルに作成されているため、Excelに馴染みがない方にもメンテナンスしやすいはずです。

そういうわけで、こちらの家計簿を380円で販売したいと思います。自分で作るとそこそこ手間ですので、380円の価値があると思った方は購入して頂ける非常に嬉しいです。

※1 当家計簿に関するご照会は当記事のコメント欄に記載頂ければ可能な範囲で対応したいと思いますが、基本的にメンテナンスや追加機能の対応などを行う予定はありませんので、その点をご了承のうえご購入いただければと思います。

※2 Excel家計簿のテンプレートは有料・無料問わず多数ネット上で公開されています。例えば以下のサイト等でも有益な家計簿がありますので、ご購入後の後悔がないように事前の比較・検討をお願いします。

https://rogolog.com/excel-kakeibo/

あわせて読みたい
【作り方公開】エクセル家計簿を8年続けたら一生使えるテンプレートに辿りついた | まねぶる ピボットテーブル機能を使った、エクセル家計簿テンプレートの作り方を動画でご紹介。無料アプリや家計簿ソフトよりもおすすめできるエクセル家計簿の自作方法を分かりやす...

おわりに

今回の記事ではExcel家計簿のメリット・デメリットと、我が家のExce家計簿を紹介してきました。

家計の収支を記録するのはFIREを目指す初めの第一歩ですので、可能な限り自分のスタイルにあった手法を取り入れていくのが理想ですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

\「ポチっ」と頂けると励みになります!/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる